「腐ログ。」と「萌えプレ」が勝手にお送りする、2006年度ベストボーイズラブアワード。ベスト作品決定しました!
はじめての方はこちらから>「腐ログ。&萌えプレ BLアワード2006」企画のご案内
結果を見る方はこちらから>「腐ログ。&萌えプレ BLアワード2006」結果発表

コミック部門ノミネート投票
たくさんの投票有難うございました。

ノベル部門ノミネート投票
たくさんの投票有難うございました。

名作コミック投票名作ノベル投票
たくさんの投票有難うございました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1位:木原音瀬「箱の中」「檻の外」
2位:烏城あきら「許可証をください!」シリーズ
3位:英田サキ「エス」シリーズ
4位:松岡なつき「FLESH&BLOOD」
5位:菅野彰「高校教師、なんですが。」
--------------------------------------------------
これをBLに分類していいものか…とは思いましたが、こういう作品が出てくるからこそのBLだなと思いなおし「箱の中」「檻の外」が1位です。さすが木原先生、重い、痛い。喜多川の一途すぎる想いと行動が、2006年度作品の中では群を抜いて印象的でした。「箱の中」読了後に「檻の外」をネットで注文したところ、実に1ヶ月も待たされ、胃がじりじりと焼けつくような思いをさせられたことも含めて、忘れられない作品となりました。あそこまでの焦燥感を抱いたのは久しぶりです。
「許可証をください!」は、工場というあまりBLでは見かけない職場でのお話で、色々な人が、色々な立場で、色々考えながら生きているんだなぁと楽しく読ませて頂きました。烏城先生の作品はいつもながら知らない職業の世界を知ることが出来て嬉しいです。前原と阿久津のお互いに認め合った対等な関係が心地よく、ニッコニコしながら読めるBLでした。
読みながら、あれはどうなったの?これはアリか?なにそれ?と、疑問符がたくさん出てくるにもかかわらず、最終的に拳を握って「面白かった…!」と心底思った「エス」。これこそが英田先生の力技というやつなのでしょう。作品から漂うオーラのようなものがただごとではありませんでした。
「FLESH&BLOOD」は歴史ものの小説としてすごく楽しく読ませて頂いたのですが、何故かメインのジェフリー×海斗に萌えられず、この位置。そういえば私にはあまりヤンチャ受属性がありませんでした。
「高校教師、なんですが。」は途中から高速で置いていかれてしまい、じっくり萌えるヒマがなかった…というのが素直な感想です。はからずもノミネート作品投票と同じ順位になりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blaward.blog78.fc2.com/tb.php/16-6be9c770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。