「腐ログ。」と「萌えプレ」が勝手にお送りする、2006年度ベストボーイズラブアワード。ベスト作品決定しました!
はじめての方はこちらから>「腐ログ。&萌えプレ BLアワード2006」企画のご案内
結果を見る方はこちらから>「腐ログ。&萌えプレ BLアワード2006」結果発表

コミック部門ノミネート投票
たくさんの投票有難うございました。

ノベル部門ノミネート投票
たくさんの投票有難うございました。

名作コミック投票名作ノベル投票
たくさんの投票有難うございました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1位:西田東「願い叶えたまえ」
2位:水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」
3位:高永ひなこ「恋する暴君」
4位:山田ユギ「夢を見るヒマもない」
5位:中村春菊「純情ロマンチカ」
--------------------------------------------------
普段、BLを読んでいても「面白かったー」「これは…ちょっとだけど、次読もう!」「わーこれは良いー満足ー」という上っ面な感想しか持ってないので、「面白かったー」ばかりを集めたようなノミネート作品には正直頭を抱えました……。ですので、ランキングの際に自分の中でのルール付けでズルをさせていただきました。1.シリーズものの作品は2006年度出版部分を中心に。2.その作品が作者の作品の中でどういうポジションであるか。…という視点二つを考慮に加えたつもりです。
いたたまれないほどの完成度からすると一番は「窮鼠はチーズの夢を見る」かな、とも思ったのですが、かつて描いていたからとはいえ、この作品はどこかBLから距離を置いた「外部からの視点」で成り立っている作品ではないかと思いました。それを個人的にちょっと残念に思ってしまったので、迷って「願い叶えたまえ」を推しました。「願い~」はちょっと駆け足すぎかな…と思うところもあるのですが、これが出せる今のBL漫画界と西田東の意欲作にありがとう!ということで…。
「夢を見るヒマもない」に関しては、ユギ作品の魅力が存分に出ている本は他にももっとあるんじゃないかと思ったので、ここに落ち着けました。暴君シリーズは個人的にも大好きなのですが、3巻は磯貝(脇キャラ)がいろいろ持っていき過ぎだー!と思った初読みの印象を大事にしたいと思います……。 ロマンチカも同様に個人的な2006年ルールを適用してみました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blaward.blog78.fc2.com/tb.php/19-9f472d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。